東龍について

東龍物語

東龍について

コクがあり、キレのある、米からの旨味の活きた酒。

コクがあり、キレのある、米からの旨味の活きた酒。「東龍」は、そんな酒を目指して醸しています。創業は、江戸末期・元治2年(1865年)。当時、名古屋城の櫓を建造する予定の材木を譲り受け、創業者・佐藤東兵衛が当地(善光寺街道筋)に酒蔵(蔵式水屋:現在は、名古屋市史跡散策路「善光寺街道と水屋めぐり」のコース)を建造。屋号を龍田屋とし、酒造りを始めました。昭和初期までの銘柄は、「菅公」。その後、創業者の名前より東、屋号より龍をとり「東龍」と改め現在に至っています。自家精米した酒造好適米をふんだんに使い、手造りで、昔ながらの山廃酒母の本醸造を始め、特定名称酒のみを醸造しています。

東龍の商品はこちら

  • 吟醸酒
  • 純米酒
  • 本醸造
  • 梅酒
  • その他

ページトップへ

  • 吟醸酒
  • 純米酒
  • 本醸造
  • 梅酒
  • その他

日本酒ができるまで

東龍のこだわり